2011

 

 

 

 

 

 

トルクセンサー

 

 

 

[オペレートマニュアルV2.0]

 

 

 

 

 

 

  我々の特許製品――トルク式のインテリジェントセンサー(JCP

ご利用いただきまして誠にありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会社住所:蘇州市学士街25番胥門大厦504

 電話86-13776058041

   FAX86-512-65725001

   E-mailinfo@jc-ebike.com

   MSN: hailan283022116@hotmail.com

 

 

 

我々の特許製品――トルク式のインテリジェントセンサー(JCP)ご利用いただきまして誠にありがとうございます!

本システムを取りつける前に、何卒オペレートマニュアルを詳しくご覧ください。

本製品は機械・電子・ソフト・磁技術を集めて、一体化しましたハイテク製品なので、複雑な程度はわりに高いです。ユーザーの方々が本センサーの使い方を早めにマスターできるように、特別に説明書を編纂いたしました。この中から、トルクセンサーの組み立てや車との整合・デバッグ及び設定などの知識を得ることができます。より良く操作できるように役に立て、あなたに満足させる理想的な効果を達するために、本製品を使用する前に、ぜひ読んでいただきます。

 

 

一、全セット部品図

 

二.部品を組み立てる方法

.トルクセンサー機械の組立:

センサーシステムのモジュール機械組立は、普通の自転車のスプロケットクランクのと同じです。

第一歩 少量の螺胶をΦ6留め具に塗った後、留め具をねじ山の孔の中に回りながら、差し込ませてください。このねじ山の孔は、センサーの黒いカバーの上から36ミリメートルです。

第二歩 右側の五件の軸碗をインストールする時、留め具を五通というところに取り付けてください。

第三歩 留め具を留め切れの孔に差し込んでください。

第四歩 スプロケットクランクを固定する同時に、中軸ナットをしっかりと締めてください。

註:操作するとき、もし右側の中軸がとても短いなら、センサーのプラスチッ殻と五件の軸碗との間に干渉が起こないように、留め切れの孔の軸線は右側にある五件の軸碗の端面と平行にしてください。

取り付ける位置は以下の略図を示すように

2.電子部分配線:下の図を見てください。

 

力矩调节器:トルク調整器  接控制器:接制御器  接仪表:接メーター  

接齿盘:接歯  模块:モジュール  设定线:設定線  主动2信号:自発2信号  

棕色被动信号:茶褐色の受動的な信号  蓝色通讯线:青色通讯线  助力切换:助力の切り替え

註:特別な要求があれば、補足した新しい図を標準にしてください。

動画を一

.車を整合調整する方法

.調整する目的:

センサーと既定車種は、機械の回転やコントローラの整合、電機の出力の上に完璧に結合し、良好な電力出力の状態に達するようにしてください。

Ⅱ EUEN15194と日本の新JIS標準の要求を共に満足して、互換という目的に達します。

Ⅲ ターミナル取引先の異なったパワー需要を満足します。

2.万能設定器についての紹介

Ⅰ万能設定器は、当公司が生産したトルク式の知能センサーシステムの設計 に専用するものです。

 

ツール:このツールを通して、外部センサーが8

出参数を調整することができます。

 

 

 

 

                                                          (万能設定器)

 

Ⅱ 指示功能についての説明

一位デジタルパイプの1-8は、それぞれ八つの参数の数値と対応します。

                                  

 = 1 \* GB3 PAS出力の直流の電圧の量―――センサーが仕事中、出力する直流信号電圧の大きさことです。(全車の車輪の直径、電気機械の出力の効率などの要素と関係があって、全車動力が出力中、直流の量です。)

設定範囲:0.2 V2.5 V X10)。

 

PASがスタートする速度——――トルクが出力できるために必要な電圧に達してその過程がかかる時間です。

数値が小さければ、すなわち、トルクが出力させる電圧に達する時間は長ければ長いほど、スタートする速度は遅くになる;その一方、スタートする速度は速くになります。設定範囲:1~50

 

 = 3 \* GB3  \* MERGEFORMAT  = 3 \* GB3 ③低級トルクの拡大係数――低級に加える力の大きさ

 

 = 4 \* GB3 ④中級トルクの拡大係数――中級に加える力の大きさ

 

 = 5 \* GB3 ⑤高級トルクの拡大係数――高級に加える力の大きさ

 

 = 6 \* GB3 ⑥停電時間―――脚が踏むと停止し出すことから電気機械が出力しないことまで遅延の時間、単位はミリ秒、たとえば、200といえば、200ミリ秒後、停電し出します。停電時間が長ければ長いほど、安全性が悪くになります。停電時間が短すぎるなら、低速で乗るとき、震える場合があります。同時に、加える力が本来より小さくになります。

 

PAS衰える係数―――(この係数の設定は日本JIS標準に適用するだけです)JIS標準は、時速が10km/hに達すると、電気機械の助ける力は衰え始めます;時速は10km/h~24 km/h になると、速度が増えるに従って、電気機械の助ける力は0までに衰えます。このバラメータは、電気機械の効率の特性とコントローラの特性に関係があって、実際によって設定しなければなりません。

 

⑧制限速度のバラメーター:電気機械のホール信号を採集します。このバラメーターは、電気機械が一回りを回ると、ホールパルスの数Nと車輪の直径Ф(単位:インチ)の比率:すなわち、(N / Ф)X100%。たとえば、N=44R=26インチと、比率は1.69

それで、設定値は169になります。数字が高ければ高いほど、止まることは早くなります。このパラメーターを使って、車の最高スピードを調整して、スピードを制限するという役に立ちます。例えば24km/h25km/hなど。

 

注:設定したパラメーターはただご参考だけで、加力効果によって、異なる加力状態を調整できます。

  動画2

日本への輸出(JIS標準)

  アイテム

车型

 

1

 

2

 

3

 

4

 

5

 

6

 

7

 

8

 16"

100

100

065

170

240

120

070

280

20"

100

100

065

170

240

120

070

220

22"

100

100

065

170

240

120

070

200

24"

110

100

065

170

240

120

070

180

26"

110

100

066

170

240

120

070

170

UEへの輸出EN15194)

アイテム

車の型

 

1

 

2

 

3

 

4

 

5

 

6

 

7

 

8

 16"

100

100

065

170

240

120

000

280

20"

100

100

065

170

240

120

000

220

22"

100

100

065

170

240

120

000

200

24"

110

100

065

170

240

120

000

180

26"

110

100

066

170

240

120

000

170

 

3設定プロセス

() 連接方法コントローラーSM4PASモジュールを繋ぎ、PASモジュールのSM3と設定器のSM3を繋ぎ、設定器SM2とコントローラーSM2を連接します。具体的な連接は以下の図のように

 

2)操作手順

 

第一 パラメーター調整に入る:

  電線をつないた後、電源を投入してください。この時、コンフィギュレータに一桁の数字が循環に点滅します。左側の二つのボタンをいっしょに押すと、パラメーター設定状態になります。

 

第二 パラメーター設定:

  パラメーター設定システムになると、一桁のデジタル管は“1”になります。右側の二つのボタンを押すと、三桁いわば第一項のパラメーター ―― PAS出力直流電圧コンポーネントの調整を行います。上のボタンが増加で、下のボタンが減少です。(三桁のデジタル管±1を一回ずつ押すと、上のボタンを押しつつけ、5005vに対応されています);表示値を確認してから、左の下のボタンを押して保存します。第一のパラメーター調整が完了します。

左側の上のボタンを押すと、次のパラメーター調整に入ります;ほかのパラメーター調整も以上によって類推できます。

 

注意点:パラメーターの調整を完了すると、保存するために左側の下のボタンを押さなければならない。そうでなければ、パラメーター調整が無用です。

   

第三 パラメーター設定システムをオフ:

 

  設定状態に入る操作方法と同じ、左側の二つのボタンを同時に押しによって設定状態からオフします。この時、コンフィギュレータに一桁デジタル管の数字の増加は順番に循環し、三桁のデジタル管は次第に設定された後の値を表示します。

第四 パラメーターリードイン:最後の、もっとも欠かせないスデップ

設定されたパラメーターをPASモジュールにリードインするために、左の下のボタンを押してください。この時、コンフィギュレータの一桁の値が順番に転換します。この過程が終了してから、PASモジュールの作業指示が速く点滅し、パラメーターがPASモジュールにリードインが成功することを示します。

 

第五 電源もコンフィギュレータも切り、パラメーター設定を完成してください。

 

基本的な設定のテクニック

1 乗るパワーの大きさを調整

二つの場面が分けられています:

() スローに乗る場合で、パワーが小さいと感じられば、第一のパラメーターを増えてください;スピードセンサのようなことを感じられば、第一のパラメーターを減してください。

()乗るに鈍く或いは坂上りの助力が足りなく感じると、第三、第四、第五パラメーターを大きくするとともに全体の比例を大体変わりなく保持してください。

2 スタートの助力を調整:スタートする時、助力の提供が遅くて、爆発感がないと第二パラメーターを大きくしてください。

注意:各パラメーターはコントローラとモデルによって、対応的な調整を行うことが出来ます。以上の設定技巧は試乗或いは90パーセントのお客様の要求にミートできます。他に特別な要求があると、明記して、相談してから解決できます。

 

四、同一化設定

1.設定の目的

各要素(センサー部品の交換など)による電磁ギャンルの誤差を排除します。

2.設定の前提

トルクセンサー部品の交換、センサーとPASモジュールがマッチしなく或いはメンテナンスする際操作してください。正常に出荷する製品に対してこの設定を行う必要がありません。

3.設定の根拠     

センサーとPASモジュールのパラメーターがマッチするこそ系統の一致性を保証することが出来ます。

4.操作の手順        

(1)接続方法:同一化設定の配線 図2-1

(2)操作の方法:

   電源をいれると、PASモジュールのインジケーターがスローに点滅します。方手でギア内側の黒いカバーを持ちます。もう方手は時計回りの方向で均一的なスピードでクランク-ギアを数回回してください。モジュールのインジケーターが速く点滅すると同一化の設定が完成されます。

(3)電源を消し、テスト接続線を抜いてから改めてPASシステムをつなぐと同一化設定が完成されました。

 

動画の三

 
 
Copyright 2003 Victory sincerity Co., Ltd.
All rights reserved. 捷诚公司 版权所有
mailto: info@jc-ebike.comTel: 86-13776058041 Fax: 86-0512-65725001